螺旋の回転

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
鎮魂



貴方が死んでしまう夢を見た。

僕の右手に握られていたのは
僕の左手を傷つけるあの銀のナイフでした。

それは僕の血ではなく
貴方の血を吸って鈍く光っていました。

僕が貴方を殺したのです。

貴方は微笑んでいました。

「ごめん・・・」

そう呟きました。

貴方が
なぜ
僕に謝るのか・・・

僕はさっぱりわからなくて
理由を聞こうとしたら
貴方は
息を
止めていました。

微笑んだまま。

ねえ、
なぜ、
謝ったのですか?

あなたはただ居なくなっただけなのに・・・
僕の前から居なくなっただけなのに・・・

それだけなのに・・・

僕は貴方にくちづけをしてから
貴方の血に濡れた銀のナイフで
いつものように左腕にさっくりと命を刻みました。

いくら刻んでも血が流れず
いくら刻んでも痛みが起こらず

沸き起こったのは不安なパニックだけで

血溜りの中の貴方は何もしてくれなくて・・・

叫ぼうとしても声が出なくて・・・



重苦しい目覚め

痛いほどに張りつめた自身を手慰み
血の代わりに精を零す


スポンサーサイト
Ineside Looking Out
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。