螺旋の回転

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
疵咬



今夜も独りで疵を咬む
冷たい血を
黒い血を

自分自身を確かめる

存在している

貴方の中には既に居ない僕なのに
冷たい黒い血で
存在を自分自身に訴える

貴方の中に居ない・・・

貴方の中に居ないのなら


存在していないのも同然で

此処に居て冷たい黒い血を啜っている僕は一体何なのだろう

黒く冷たい血は腐敗した柘榴の様な味がする
哀しい味だと思う

僕は哀しい存在なのだろうか
人に憐れを誘うのだろうか

誰も慰めてはくれない



慰めなど要らない
貴方以外の存在は要らない

今夜も独りで疵を咬む
疵を咬み自らの存在を確信し、
貴方の中に存在していない自分の存在を確認し

・・・・

僕は既にこの世に存在していないのだと思い至る・・・



Ineside Looking Out
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。